日々のあれこれ

思春期男子に翻弄され、アラフォーの体調変化に怯えながらも冷えとりで子宮力アップを狙う主婦の日々のつぶやき、というか雑記。中学受験終了組の備忘録、これから始まる予備軍の奮闘記も載せていこうと思っています。

冷えをとろう!④半身浴編

f:id:foline:20181126164740j:plain
週末、イチョウ並木がとても綺麗だった。
この季節のお楽しみ☺️

しかし、寒くなってくるこの時期になると多くの人が悩まされるのが「冷え」。
でも、実は冷えは冬だけではない。
いわゆる「夏冷え」

私はクーラーに弱いので今までも夏はカーディガンを持ち歩いていたが、足元は常に素足にサンダル。
外気温が35度を超える中、靴下を履くのは鬱陶しく、手軽にサンダルばかり履いていた。
お店に入って冷えるのは分かっていながらも、サンダルは楽チンだし可愛いしと、からだのことなんて考えることも無かった。

そんな生活により「からだがSOSを出していたのだ」ということに気付いたのは、独身時代に苦しんだ子宮内膜症が再発してから。こうなるまで気付けなかった自分への懺悔は山ほどある。しかし後悔してももう遅い。
自分には何ができるかを調べてみた。
そこでたどり着いたのが冷えとりである。

冷えとりと言えば半身浴

アツーイお湯にフーっ🎵と浸かるのが好きな私。
でも長く入るのは苦手なので湯船に浸かるのはせいぜい2分ほど。
夏は暑いの嫌いなのでシャワーのみもしばしばだった。

半身浴の基本は

  • お湯はぬるめ

私はぬるいお湯が苦手。特に今くらいの時期はとにかく寒い!
汗をかきにくい人間なのでぬるめのお湯に長く浸かったところで汗も出なければ暖まりもしない。
結局追い焚きし過ぎて暑くてギブアップ!

【対策①】
ぬるめとは言え、寒い時期はそんなに下げすぎずOK。
とりあえず40℃くらいに設定。
はじめから自分にとって熱すぎず気持ち良いという温度にすることがベストだそう。浸かっていて寒くなってきたと感じたら追い焚きをすれば良し。

  • お湯に浸かるのはみぞおちまで。腕は浸けない。

私は首まで浸かりたい!
なんならお湯に潜りたい!(子どもか!)
そしてやはり汗をかきにくい体質。
湯船から出る部分が多いほど冷える気がして半身浴の良さがちっとも分からない。

【対策②】
上半身が濡れているとそこから冷えていくので、濡れていたら拭き、肩にタオルを掛けるようにすると寒くならず🙆。
そして、上がる直前には肩まですっぽり浸かって暖まり満足してから出るようにした。

  • 入浴時間は最低20~30分。

とにかく長くはいるのが苦手な私。
浴室にテレビが無いからだと夫を睨んでみる。

【対策③】
仕方ないのでひたすら本を読んだり、ブログの下書きを書いたりする。
すると意外に平気!
あっという間に3、40分経つのだ。
ただ、待っている家族がいると「まだかまだか」と言いに来るので一番最後に入るようになった。
しかし、なかなか全員が入らないときは私の入浴が深夜になることも。これはさすがに辛い。逆に目が覚めてしまいなかなか寝付けなくなることもあるので出来れば11時までには入りたい。

ある程度の不調は半身浴で改善される(らしい)

だんだん半身浴にも慣れてくると
あんなに出なかった汗が滝のように出るようになってきた。
入浴後も冷めることなくベットに入るまで足の先までポカポカ。

ちょっと食べ過ぎたな、
ちょっと冷やしちゃったな、
なんだか調子がイマイチだな、

そんなときにも半身浴は効果的だそう。
ある程度の不調は半身浴で改善出来る!とまで言われているとか。

私はまだそこまでの域には達していないものの、
一日の終わりにゆったり湯船に浸かる楽しみも出来、からだが温まるとこころまであったかくなる、そんな感覚を覚え始めている今日この頃☺️